伊勢原踏み合い会2016年9月

足でで踏みあって踏む人も踏まれる人も健康に!

楽健法踏み合い会、毎月開催しています。

足の付け根からスタートしますが、この時の軸足の位置がポイントです。スタンスが狭すぎても効果的に体重が入りませんので軸足の位置を意識しながら行います。

腕の付け根を踏む時は、まずそっと足を置いてから、ゆっくりと圧を入れていきます。

この時鎖骨の位置を必ず確認し、骨の上は絶対に踏まないこと。

両足首に乗る時は、足首が床につくかどうか確認し、片足づつゆっくりと乗っていきます。この時も踏もうとする場所に集中しすぎず、姿勢を正してスッと伸び上がるように軽く乗ってあげてください。

足首が硬く両足一緒に行えない時は、片足づつ行いましょう。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。